手帳 の書き方って十人十色だよね。

先日、やっと手に入れましたよ☆
手帳関連の雑誌は、だいたい購入してしまう罠……vv


私は、この巻末付録にあったメモ帳が気になったのでコピーして利用しています☆
こういうの、欲しかったのですー☆


さて、本題に移ります。
今回も色んな方の手帳の書き方や使い方を紹介されていたのですが
職業・家族構成・置かれている環境などによって
手帳の使い方は十人十色だと思うのですが
人それぞれにおいて、手帳のあり方って少しでもルールを作っていると思うのです。
簡単なルールでもいいからないと、手帳って続かない気がします。
手帳を書く習慣が長く続く人、スケジュール管理がちゃんとされている方は
その自分の中のルールが定まっているんだと思います。

そのルールを長く保ち、書く習慣のある人は
使いたい手帳を決めた上でルールを作るよりも
自分の使いたい用途を踏まえた上、使う手帳を選んでルールを作るのが
断然に手帳管理が出来るんだなぁと思いました。

使う用途としては

・スケジュールを管理したい
・ライフログを書きたい
・勉強のスケジュールを管理したい

などなどあると思うのですが
私がいつも悩んでいたのが、【予定】と【実行】の関係

先の日程に用事が入ると【予定】を記入してその日に【実行】しますよね。
もしくはキャンセルしたり延期になったり。
そういうモノの書き方ルールって、キチンと決めておいた方がいいと思うのです。

例えば、
「予定に変更があったら、消して新しい日付けに書き直す」人もいれば
「予定に変更があったも、消さずに二重線で残して新しい日付にも書く」人もいる。
「予定と実行に差異が少しあるけど、詳細を残さない」人もいれば
「予定と実行に差異が少しあるから、詳細もきっちり残す」人もいる。

また、
「マンスリーにはどこまで書くか?」とか
「ウィークリーページにはどこまで書くか?」とか
手帳に関しての悩みって本当に尽きないですよね!!!

私もよく悩んでいますが、良きパートナーとなるように
手帳と向き合って行けたらいいなと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA