ライフログを書く意味。

皆さんはライフログ書いていますか?

私は、かの昔、手帳を使い始めた時に
「ライフログを書く」という概念がありませんでした。
手帳はスケジュールを管理するツールだというくらい。
(もちろん、基本はスケジュール管理なので間違ってはいないと思いますが)


そもそもライフログって???という疑問が頭に浮かんだので
今回はブログに綴っていこうと思いました。




ライフログの概念


ライフログって何を書いてるの?というのがあると思うので
この項目も書いておきます。
書く内容を書き出してみました。


  • 出逢い「人」
  • 訪れた「場所」
  • 遭遇した「出来事」
  • 何かを体験した「感想」
  • 思いついた「アイデア」
  • 健康管理「食事」
  • 体重・血圧・体温など「身体データ」


……ざっとこんな感じかと思います。
要するに、生きているうえで起こった事を書く事ですね。
仕事でいうと「業務日報」みたいなモノです。
人によって書く項目は異なります。十人十色。



何故ライフログを書くの?


自身の生活パターンを記す事。でも記すだけでは意味がありません。
後で見返すのが肝です。
見返す行為がないのであれば意味がないと私は思います。
仮に見返さなくても、その日に書くことによって脳に残るのであればいいのですけどね。
勉強でもそうですよね。ノートに書き残す、文字を自身で書いて覚えるって行為。
見るだけ と 書き残す とでは、記憶への影響は全く違います。

何故書き残すか。
情報過多な毎日。色んな情報が行き交う度に新たな発見や感情は生まれてそしてすぐ消えていきます。
常に新しい情報が行き交うので、消えるスピードも早いです。
それって何かもったいないですよね。
なので、書き残すんだと思います。
後で見返してみると、「あの時こういう事があって、こんな事感じたんだー」と。
そして今はこういう風にも考えちゃうなーとなる時もあります。そうすると2つの感情が生まれます。
それって凄く大事な事だと思います。

沢山アウトプットする事でインプットが生まれます。
学習もそうです。
何かを知り、学び、書き残し血肉にする。
血肉にしたモノを応用して活かす。
人生それの繰り返しだと思います。本当。
それを辞めたら成長が止まるんだなぁと実感します。

人は常に体験をします。何もしていない時すら何もしていないという体験をしています。
何でも考えようですよね。


決め事をせずに書きたい事をそのまま書くべし




んじゃライフログ始めようかな!さて何から書こう……となるかもしれませんが
決まりだったり項目決めだったりせずに、思い立った時に書き残すのが一番です。
なので、気軽に書き込めるメモを近くに所持するのがオススメです☆
手に入れやすい、書きやすい、あまり高くないメモ帳がいいと思います。
メモ帳じゃなくても紙切れでもいいと思います。
あとで手帳や日記に書き綴れるようにメモしちゃいましょう☆

私はTwitterとかSNSで「この人いい事言ってるなー」と思った投稿には
Like!をしてます。後で自分のLikeした一覧が見れるので
それを見ながら書き残しています。
とても便利だし冷静に見る事ができます。

また、スマホのメモ帳に残すのもいいですよ。
音声入力も最近は高性能なので誤変換も少ないです。素晴らしい。


スケジュールしか手帳に書いていない方もいると思いますが
これを機にライフログ、初めてみてはいかがですか?
自分の中に新しい発見があるかもしれませんよ☆


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA